漢方で痛み軽減!

坐骨神経痛は強い痛みをもたらし、酷いときには日常生活にも支障をきたすほどです。ですから、もしも坐骨神経痛を疑われる、あるいはそのような診断結果が出されたのであれば、一刻も早く治療に掛かりましょう。
治療法の一つとして漢方が良いといわれており、しっかりと専門医に相談し、体にあった漢方薬を処方されることで大きな効果が期待できるそうです。
漢方の一部をご紹介しますと、冷えやむくみがある場合には牛車腎気丸(ごじゃじんきがん)で体の水の巡りを改善し、解消を促します。
坐骨神経痛の痛みや筋肉痛まで幅広く効果を発揮するのが疎経活血湯(そけいかっけつとう)で、血行をよくすることで体内の循環を整え、痛みを散らしてくれるのです。

坐骨神経痛は辛いです

坐骨神経痛は、実は病名ではありません。坐骨神経が刺激を受けることによる症状を坐骨神経痛と一般的に呼んでいます。身近にも坐骨神経痛で辛いという人の声を聞いたことはありませんか。そのくらい身近にある症状です。
整形外科で治療してもらうのが一般的ですが、坐骨神経痛に悩む人は、家庭でもストレッチなどで症状を軽減することができます。但し、回復期に向いているものであり、素人判断で勝手に行うと悪化させることもあるので、医師に相談し、指示に従って行うことが大切です。
正しいストレッチや体操は、再発しやすい坐骨神経痛の予防にも役立ちます。少し良くなったからといって治療をやめたりせず、しっかり治しましょう。その上で、軽い運動で予防に努めると良いでしょう。