お金を借りるブラックred|今すぐ借入出来るブラック消費者金融

ブラックでもお金を借りることはできる?

ブラックでお金を借りるのは難しいことだと思っていませんか?事実、ブラックでお金を借りる場合、最大の難関である審査に通らなければいけません。やはり、ブラックがついているとなかなか審査に通りにくいのは否めません。でも、ブラックの人が一切お金を借りることができないかといったらそうではありません。

 

そもそも、なぜブラックの人はお金を借りるのに苦労するといわれているのでしょうか?それは、ブラックになる理由が遅延や延滞など、返済事故が関係しているからです。これらの情報は、すべて信用情報機関に登録されます。その『信用情報機関』のことを、ブラックといいます。お金を借りる上で、返済能力は審査に大きく響きます。ブラックに載ってしまった人たちは、それが困難だと判断されるため、お金を借りるのが難しいといわれてしまうのです。

 

では、ブラックの人は一生お金を借りることはできないのか?となりますよね。その答えは、決してNoではありません。もちろん、すべての金融機関がブラックでもお金を借りることができるわけではありません。あくまで、ブラックでお金を借りることができるのは『消費者金融』に限定しています。そして、『審査が簡単』であること。この2つの条件をクリアしている金融機関でない限り、ブラックでお金を借りることはできません。なぜ審査が簡単だとブラックでもお金を借りやすいのかというと、審査の条件をあまり厳しく設定していないからです。もちろんきちんと審査をしていますが、銀行の審査に比べると容易です。そのため、ブラックでも審査に通りやすいんですね。

 

よく、『最短○○時間』や『スピーディーな審査』を売り文句にしている金融機関がありますが、それよりも『審査の緩さ』で判断するほうが、ブラックでも審査に通る確率は高くなります。つい即日融資を選びがちですが、自身がブラックであることを念頭におき、審査の緩いところを選ぶようにしましょう。

 

ちなみに、『ブラックでも借りられます』という謳い文句を掲げている金融機関には注意が必要です。そういった金融機関は、闇金である可能性が高いからです。ブラックで安易に借りられるところよりも、審査の難易度で選ぶほうが安心です。もちろんいろんな金融機関がありますから、どんなところでも審査を受ける前にしっかり情報を収集し、安心して借りられるところか調べておきましょう。

 

ブラックだからお金を借りられないのではありません。金融機関の選び方で、ブラックでお金を借りられるか決まってきます。まずは金融機関の情報を十分に収集し、安全性を確認して審査に申し込みましょう。

任意整理をしブラックになっても、お金を借りる

任意整理とは、裁判所を通すことなく、借金を減額する方法をいいます。借金の返済が困難になった場合、『債務整理』という方法で借金を整理していきますが、任意整理とはその方法のひとつになります。任意整理の他に、自己破産や民事再生などいくつかの方法がありますが、そのなかで任意整理は、財産処分や職業に就けなくなるといったことがなく、比較的借金を整理した後も日常生活に戻りやすいといわれています。

 

しかし、ある欠点があります。それは、『ブラック入り』をしてしまうということです。ブラック入りというのは、いわゆる信用情報機関に登録されてしまうことで、主に返済の遅延や延長などを繰り返すと発生する法的措置です。信用情報機関に登録されると、当然お金を借りることは困難になりますし、お金を借りる以外にもクレジットカードの作成やローンを組むといったこともできなくなってしまいます。では、任意整理をすると、一生お金を借りることはできないのでしょうか?

 

その答えは、Noになります。任意整理をしブラックになっても、お金を借りることは十分可能です。その方法はいくつかありますが、決してこの先ずっとお金を借りることができないわけではありません。

 

任意整理からブラックになり、お金を借りる方法は、まず任意整理で借金をすべて返済すること。そして、ブラックの掲載期間を過ぎるまで待つことです。借金の返済が残った状態でも、お金を借りることができないわけではありませんが、できるならきちんと返済をした後のほうがお金を借りるのが容易になります。また、返済がある状態での借り入れは、返済能力がないと見なされ、審査に通りにくくなる可能性が高くなってしまいます。ですから、まずは任意整理で最後まできちんと返済するようにしましょう。

 

ブラックには、掲載期間というのがあります。一度登録されても、永久的に登録されるわけではありません。最低5年、最長10年の間掲載されることになりますが、任意整理の場合5〜7年くらいが掲載期間となり、それを過ぎると今までどおりお金を借りることができるようになります。

 

一番良い方法は後者ですね。5年も経っていれば完済できていますし、信用情報機関からも消えるので安心です。また最近は審査が緩い金融会社も増えていますし、そういったところを狙うと、たとえ債務整理をしていても審査を通ればにもう一度お金を借りられるようになるでしょう。ブラックでも、賢く金融会社を利用すれば、お金を借りることは十分可能です。

ブラックでお金を借りるときの審査について

金融事故とは、言葉のとおり金融機関から借りたお金を返済期日どおりに繰り返し返済できない、または返済しない場合を指します。返済ができないだけでなく、返済が一定期間(3か月程度)遅れた場合でも金融事故となり、ブラックになる恐れがあります。もちろん、一度の遅延だけではブラックになりませんし、残高の不足により指定日に引き落としできなかった場合でも、半月後の再引き落としまでにきちんと返済していれば延滞扱いにはなりません。また、返済能力がなくなり、債務整理をした場合でも金融事故に含まれます。要するに、きちんと返済できないことを『金融事故』といいます。ですから、借金をしていても返済期日までに遅延や延滞なく返済できていれば、同じようにお金を借りていてもブラックにはならないということです。

 

金融事故になると、当然次にお金を借りるときに困難になります。それは、少額であった場合でも含まれます。ブラックになっているのですから、審査をしたときにNGになってしまうからです。一般的に、お金を借りるには金融事故が一切なく、返済能力がある人を優先にお金を貸していきます。ブラックは返済能力がないと見なされますから、どうしても審査に通りにくくなってしまうのです。

 

しかし、絶対に借り入れができないかといったらそうではありません。たとえブラックでも、お金を借りる方法はたくさんありますし、そういった方のための金融機関もあります。また、債務整理による金融事故であれば、債務整理で完済し、ブラックに掲載される期間を終了すれば再度お金を借りることができるようになります。

 

もちろん、ブラックの状態でもお金を借りる方法はあります。その場合、あるポイントがあります。それは、『審査の度合いを知ること』です。審査の度合いは、金融機関によってさまざまです。そのため、審査が緩いところもあれば、厳しいところもあります。一般的に銀行は審査が厳しく、ブラックであればお金を借りるのは難しいでしょう。しかし、消費者金融の場合、審査が緩いところはたくさんあります。

 

ブラックからお金を借りるときに知っておいてほしいのは、『ブラックにもいろんな事情がある』ということです。どんな理由で信用情報機関に登録されてしまったのか、それをまず知ることで、お金を借りやすくなるかそうでないかが分かります。

 

ちなみに、遅延や延滞であれば、比較的審査は通りやすいといわれています。ただし条件があり、『高額融資をしない』場合です。自己破産は借り入れが難しくなりますが、ブラックの期間が過ぎれば借りられる場合もあります。

ブラックでお金を借りるときに注意したいこと

ブラックになる理由はさまざまです。一般的に返済の遅延や延滞の繰り返しで起こりますが、返済が一切できず、債務整理になった場合もブラックになります。

 

債務整理とは、自己破産や任意整理をはじめ、借金の返済ができなくなった場合に、最終手段として利用する借金の返済方法です。なかでも自己破産は、完全に返済ができない場合に利用します。そのため、自己破産の手続きをした者は借金を返済する必要がなくなり、返済金額も0円になります。一方で借金の減額のみの債務整理を任意整理や民事再生といいます。これらは借金を減額し、原則3年で完済するという条件で毎月返済をしていきます。一見すると自己破産のほうが返済義務がなくなりますからラクに思われますが、その分失うものも多く、債務整理の中でも『どうしても返済ができない場合』以外は安易に利用できません。

 

また、債務整理をすると、『ブラック』といって信用情報機関に登録されます。これはどの債務整理でも同じことで、自己破産をしていないからブラックにはならないわけではありません。任意整理であれ民事再生であれ、利用すればブラックになります。

 

さて本題に入りますが、債務整理をしてブラックになるとお金を借りることはできるのか?ということですが、結論からいいますと、お金を借りられます。しかし、注意しなければいけない点もいくつかあります。ブラックといっても事情はさまざまで、ただ遅延や延滞をした場合のブラック入りは比較的お金を借りやすいといわれています。もちろん金融機関の条件にもよりますが、遅れてでもきちんと返済をしていれば、たとえブラックになっても1年ほど経てば借り入れはできます。しかし、債務整理をした場合は、ブラックの期間が5年以上になりますから、それを過ぎなければお金を借りるのは難しいでしょう。

 

では、5年以上経てば、お金を借りることができるのでしょうか?ということになりますが、これもまた難しい問題になっています。どんなに債務整理から時間が経っていても、信用情報機関には事故歴として重要な情報は残っています。そのため、審査が厳しいところはたとえ債務整理できちんと返済をし、ブラックの期間が過ぎていても、審査に通りにくくなるといわれています。

 

ですから、債務整理でブラックになり、再度お金を借りる場合は、『審査が緩い』ところを探さなければいけません。審査が緩いというのは、闇金というわけではありません。消費者金融にもいろんな種類があり、審査のレベルを下げているところもあります。そういったところであれば、債務整理からブラックになってもお金を借りることはできるでしょう。